本屋大賞3年連続ノミネートで話題!知念実希人作品をジャンル別に紹介!

みなさんこんにちは!
先日、今年の本屋大賞ノミネート候補10作品が発表されましたね。
(本屋大賞については、こちら)

気になる作品はありましたか??

今日は私が作家読みをしている数少ない作家の一人

知念実希人さんの作品が3年連続本屋大賞にノミネートされたことを記念して、ジャンル別に分類・おすすめ作品を紹介したいと思います。

広告

知念実希人ってどんな人?

知念 実希人(ちねん みきと)

現役のお医者さんであり、作家という2つの顔を持っています。

医者であることもあり、医療系の作品を多く執筆されています。

リズミカルで読みやすい文章が多いので、読書に挑戦してみたいという方にお勧めしたい作家さんでもあります。

知念実希人作品紹介

知念先生は、1年間に3~4冊ほど新刊を発売しているので、作品数も多めです。

知念先生の作品が気になるけど、何から読んでいいか分からないという方は、自分の好きなジャンルやテーマから選んでみるのが良いかもしれません。

私も全作を読んでいるわけではないですが、自分が読んだ作品の中から分類し、個人的なオススメを発表したいと思います。

謎解き要素多め

第1分類は、知念作品の中でも、文章がリズミカルでライト・謎解き要素の多い作品です。

テンポの良い作品が好きな方は、こちらの作品の中から読んでみることをお勧めします。

リアルフェイス

リアルフェイス
美容外科医をテーマにしたお話です。
金に糸目をつけない天才美容外科医・柊のキャラクターが好きです。

 

誘拐遊戯

誘拐遊戯
ゲームマスターと名乗る誘拐犯から出されるミッションに挑戦し、誘拐された少女を解放してもらおうとするお話です。読みながら、一緒に謎解きできるかも?!

レゾンデートル

レゾンデートル
末期がんで余命わずかな医師が、切り裂きジャックと名乗る男と繋がり、殺人に手を染めてしまうお話です。

『レゾンデートル』と『誘拐遊戯』がなんとなく近しい作風だと感じました。

病棟シリーズ

病棟シリーズ
知念先生の作品といえば、これ!と言っても過言ではありません。

不気味なピエロ×病院からの脱出
リアル脱出ゲームなどが好きな方にお勧めしたい作品です。

坂口健太郎さん主演『仮面病棟』が映画化!

↓↓映画・仮面病棟オフィシャルサイト

映画『仮面病棟』| 7.3ブルーレイ&DVD発売レンタル同時開始 6.3デジタル先行配信!

映画『仮面病棟』| 7.3ブルーレイ&DVD発売レンタル同時開始 6.3デジタル先行配信…

ファンタジー要素多め

続いてファンタジー要素の多い作品を集めました!

幻想的な表紙が素敵な作品も多いです!

死神シリーズ

死神シリーズ
ホスピスが舞台
余命わずかな人がこの世に未練を残して逝かないように、死神の特殊な力を使い、未練を無くしてから旅立たせようとする優しいお話です。

ムゲンのi

ムゲンのi
2020年の本屋大賞ノミネート作品です☆

眠りから覚めなくなってしまう難病「イレス」患者を看護する愛衣
彼女の持つ不思議な能力で患者を救うため、夢の世界に入る。

幻想的な世界観が広がります。

神のダイスを見上げて

神のダイスを見上げて
知念先生の作品は医療×ミステリーが多いのですが、この作品は少し違います。

「ダイス」という惑星が地球に接近しし、人類滅亡まで残り数日というSF寄りのお話でした。

げみさん作画の表紙がとっても素敵です。

少し重めのテーマ

知念先生の作品は、リズミカルで読ませる力が多いと感じますが、ここで紹介する作品は読みながら色々と考えてしまう様な内容のものを集めました。(※文章は読みやすいです)

螺旋の手術室

螺旋の手術室
読む前は、このタイトルと話の想像がつかなかったのですが、最後になるほど!!となりました。

ひとつむぎの手

ひとつむぎの手
2019年の本屋大賞ノミネート作!
医療ミステリー+ヒューマンドラマの感動作です。

白銀の逃亡者

白銀の逃亡者
DoMsという(架空の病気)奇病から生還し、超越した身体能力を手に入れた人間(ヴァリアント)

周囲からは化け物扱いされ、国を挙げて隔離された地での生活をする彼ら。

感染病と差別を扱ったお話ですが、人間とは・・・と考えながら読んでいました。

その他

上記のどれにも分類できなかったものを、その他にしました。

神酒クリニックシリーズ

神酒クリニックシリーズ
腕は確かだけど、少し変わった医師が集う神酒クリニック

ここでは、患者を救うために、ありとあらゆる方法で治療が行われる。

表情筋の動きだけで相手の心が読める精神科医等、個性的な医者がたくさん出てきて面白いです!

おわりに

いかがでしょうか。

ジャンル分けや分類・おすすめの判断基準は、あくまでも私個人ベースですので、ご了承ください。

最新情報をチェックしよう!
広告