本屋に行くだけじゃない!面白い本との出会い方色々

  • 2020年4月2日
  • 2021年2月17日
  • book

全国的に平日・休日問わず、思うように外出できない日々が続いていますね。

お家時間をいかに快適に過ごすか。

自宅で少し手の込んだ料理を作ったり、普段手付かずの場所を掃除してみたり。様々な過ごし方があると思いますが、ほんの一部を読書の時間に充ててみてはいかがでしょうか。

 

広告

本との出会い方は色々ある!

読書嫌いだった私は、そもそも本の選び方がわかりませんでした。

図書館や本屋さんに並んでいる本を眺めて買う以外にも、本の探し方はたくさんあります。

今回は、本との出会い方をいくつか紹介しますので、気になるものがあれば、お試しください。

人に聞く

もし、身近な人で読書好きの方がいれば、聞いてみてほしいです。

「どんな本読んでるの?」
「こんな本読みたいんだけど、、、、おすすめある?」

文化庁の『国語に関する世論調査』の結果(2019年10月発表)によると、16歳以上の人の内、1カ月で本を全く読まない人が47%という結果でした。

読書好きの人の中には、1年に数十冊、数百冊と本を読む人がゴロゴロいます。

彼らは色んな本を知っていますし、本に興味を持ってくれる人のことを歓迎してくれると思います!

身近に聞ける人がいない方は、Amazonや読書メータ―の感想を参考にしてみるのもアリだと思います。(私は割とレビューを参考に本を買う事が多いです)

本屋大賞ノミネート作品の中から探す

全国の書店員さんが本当に売りたい本を決める本屋大賞!

読書界隈では、芥川賞や直木賞等色んな賞がありますが、正直これらの受賞作を読むのは難しくてハードルが高かったりします。(絵画の良し悪しが中々分からないのと同じ感じがします。)

本屋大賞に選ばれる作品は、店員さんの推しということもあって、読みやすく、面白い作品が多いです。

直近1年で発売された作品が選考対象で、毎年1月になると、ノミネート作品10作が発表されます。

そして、4月にその作品の中から大賞が決定!

本屋大賞が発表されると、受賞作を買い求める人が店頭に殺到するニュースも毎年の恒例行事です。

次の本屋大賞発表日は2020年4月7日!

ノミネート作品や、過去の受賞作品などは、本屋大賞のサイトから確認できます。

過去の受賞作はメディア化された作品も多いので、きっと知っているタイトルがあると思います。

選書サービス

今まで読んできた本や、趣味などのヒアリングを元に自分に合った本を選んでくれる選書サービス。

北海道にある、いわた書店の一万円選書なんかが有名です。

あまりにも人気なので、今すぐいわた書店の選書サービスを受けるのは現実的になかなか難しい。。。

今すぐ、おすすめの本が知りたい!という方には、サンクチュアリ出版のWeb選書サービスをおすすめいたします。

簡単な質問に答えるだけで、自分に合った本をメールで教えてもらえます(選書代0円)。

サンクチュアリ出版では少しでも良い本作りをするために、書店さんに並んでいる本を調査&分析しています。その膨大なデータから…

 

番外編

本の書き出し(まくら)だけを集めたサイト

サイトを開いた瞬間からずらりと並ぶ書き出したちに圧巻してしまいました。

ただただ眺めているだけでも楽しいです。

本の書き出し

出だしよければ、全てよし。本の出だしは作者の命がつまっている。「本の書き出し、集めました」…

まとめ

読書をしていると、楽しい!幸せ以外に、あいつムカつく!とか悲しみの感情も生まれます。

喜怒哀楽を感じることで、心が豊かにもなります。

友だちや大切な人と中々会えない今、読書を通じておもいっきり笑い、泣く。
感想を共有して素敵な時間を味わってみるのも良いかと思います。

最新情報をチェックしよう!
広告