【YouTube動画あり】KOKUYOの新ブランドBobbinをレビュー

皆さんこんにちは

本日はマスキングテープを気軽に持ち歩きたい方にぴったりの「KOKUYO Bobiin」を紹介します。

広告

KOKUYO Bobbin

お気に入りのマスキングテープを持ち歩いて使いたいけどかさばるから・・・という理由で、おうちに置いていてあまり使わないってことありませんか?

そんな方におすすめのアイテムがコクヨから発売されました。

YouTube動画でも紹介しているので、よければご視聴ください。

Bobbinってなに?

「マスキングテープともっと楽しく」をコンセプトに、2021年1月27日に新しく誕生したブランド「Bobbin」。

自分のマスキングテープをボビンに巻き付けることによって、コンパクトに持ち歩けるようになるという商品です。

本体のコマキキにボビン芯をセットして、マスキングテープを巻きつけていく仕組み。ミシンでボビンに糸を巻きつけるようなイメージです。

コマキキにはボビン芯が2個セットされていますが、足らない場合はボビン芯が6個入った商品が別売りで販売されているのでチェックしてみてください。

ピンクに光ってかわいいBobbinのロゴがポイント。
手のひらにおさまるコロンとしたフォルムがとってもかわいらしいです。

ほかにもボビンをきれいに持ち運べるカッター付きケースや、さっと使えるプチカッターもあるので、お好みに合わせて選んでみてください。


Bobbinの使い方

使い方は、とってもシンプル。

コマキキの裏面にあるロックレバーを下にさげ、ふたを開けます。

コマキキにマスキングテープとボビンをセットしたらハンドルを時計回りに回します。
このハンドルは時計回りにしか回すことができないので気をつけて使いましょう。

ボビンにテープが巻き付いたら、ハサミでカットして取り出せば完成です。

巻き始めはとても軽快に回せますが、ある程度テープが巻き付いてくるとだんだんとレバーが重くなりスピードがゆっくりになっていきます。

巻き取ったボビンは、ボビン同士で重ねることができるのでバラバラになってしまう心配もありません。ペンケースに入れたり、重ねて部屋に飾ったりすることができます。

BGMのマスキングテープのように芯径が細くそのまま入れることができない場合は、本体についているアジャスターを取り外してセットすれば巻き取ることができるので安心。

おもちゃのゼンマイを巻いているような音がして、楽しく作業できました。

早く巻き取ってもゆっくり巻き取っても問題はありませんが、ゆっくり巻いていたほうがオリジナルのテープを作っているようで楽しかったです。

まとめ

気が付いたら、どんどんたまっているマステ。

気軽に持ち歩けるBobbinはとってもおすすめです。

ゼンマイのような音を感じながら、楽しい文房具・手帳時間をお過ごしください。

最新情報をチェックしよう!
広告