【youtube動画あり】薄くて無駄のないシステム手帳|プロッター 「リスシオ」ブラック開封

みなさんこんにちは。

ブラックのレザーと、コッパーのバックプレートのコントラストが美しすぎる憧れのプロッターを購入しましたので、紹介します。

広告

プロッター

YouTube動画でも紹介しているので、よければご視聴ください。

プロッターとは?

創造力で未来を切り拓くひとのために

プロッターは、MDノートでお馴染みデザインフィルのプロダクトです。

クリエイターや起業家などの様々なクリエイティブなことをする人のための文具ツールが販売されています。

シンプルで高品質なデザインが多く、長く使いたくなるアイテムがたくさんあるのですが、一般的なシステム手帳の本体にあたる「レザーバインダー」という商品が特に人気です。

この、レザーバインダーは通常のシステム手帳よりも圧倒的に薄く、携帯性に優れているのが特徴です。

プロッターのレザーバインダーでは、「プエブロ」「リスシオ」「ホースヘアー」「シュリンク」「ブライドル」と異なる5種の革ごとに4色ずつレザーバインダーが用意されています。

シリーズによって革の質感や色味、バックプレートの色、サイズ展開が異なるので、まずは自分の好みのサイズや革の質感を探してみるのが良いと思います。

各シリーズの簡単な特徴
  • プエブロ・・・1番エイジングを楽しめる革
  • リスシオ・・・オイルをたっぷり含み、滑らかな質感の革
  • ホースヘアー・・・マットブラックのバックプレートで大人っぽさが際立つ
  • シュリンク・・・ストーンポリッシュ加工と明るいカラーが多め
  • ブライドル・・・使い立てはブルームでくみっぽい色、エイジングで深い光沢に

レザーバインダーのリングは、ドイツのクラウゼ社製、全て11㎜の金具を使用しており、80枚程度綴じれます。
※ブライドルは、M5サイズのみの展開です。

プロッターの個体差

今回、プロッターをはじめて購入するにあたり、自分が気になっていたリスシオのブラックとワインの2色の箱入りの商品を見せてもらいました。

今回はリスシオのブラックとワインを見た感想にはなりますが、実際に見て感じた個体差などをお伝えします。

まずはじめに、本革製品で一枚革を使用しているアイテムなので、製品によってかなり個体差があります。

一つ一つに個性があって、それもまた魅力のひとつですね。

黒のレザーバインダーは、色が濃いからなのか、革表面に大きな個体差は感じず、どれも綺麗なマットブラックでした。

触り心地は、本当にすべすべの滑らかな質感です。

裏側を見ると、それぞれに傷や跡が付いているのですが、その風合いが全く異なります。

ワインは2つだけ見せてもらったのですが、その2つだけでも革の表面が全然違いました。

1つは無地のワイン色に所々小さな穴のような凹みのような傷がありましたが、もうひとつは全体的にシマウマのような紋様が広がっていました。

傷や模様のない綺麗なものが好きですが、シマウマのような紋様も自分の手帳!って感じがします。

この様にひとつひとつに表情や個体差があるので、文具店等で実際に見比べ、気に入った風合いのものに出会えたら購入するのが良さそうです。

まとめ

プロッターのレザーバインダー、普通のシステム手帳として使うには少々物足りないかもしれませんが、少量を持ち歩いたり、コンパクトな物が好き!って方には本当におすすめのアイテムです。

用途違い等で複数持ちたいなぁとも思案中です。

最新情報をチェックしよう!
広告