【youtube動画あり】シートシールをバイブルサイズに挟む最強のアイテムを発見!|シール収納

みなさんこんにちは。

マステやスタンプ、シールを手帳と一緒に使うことで、簡単におしゃれな手帳デコができますよね。

私はバイブルサイズのシステム手帳を使っているのですが、手帳のリフィルとしてシートシールを入れられたらもっと使い勝手良いのになぁ・・・と感じております。

これまでシートシールをリフィル化するためのリフィル作りに挑戦してきましたが、今回はとても良いものを見つけたので紹介したいと思います!

広告

シートシール収納

YouTube動画でも紹介しているので、よければご視聴ください。

シートシール収納過去の試作品

まずは、これまでに挑戦した試作のお話を。

試作①トレペリフィル

まず最初に挑戦したのが、トレーシングペーパーでのリフィル作りです。

初めての挑戦ということで、丈夫な台紙リフィルを作成し、その上にシートごとシールを貼り付ける方法を考えました。

シートシールの大きさって、バイブルサイズのリフィルと同じか、それより少し大きいものが多いんです。

それから、台紙の両面にシートシールを貼るとなると、リフィルにも結構負担がかかるのではないか?嵩張るのではないか?という疑問も。

薄くて丈夫な紙として、台紙にはトレーシングペーパーを使うことにしました。

通常のバイブルサイズのリフィルよりも少し大きめサイズでカットし、バイブルサイズ用の穴を空けたものを作り、数か月使用してみたのですが、穴の部分が破れちゃいました。

試作②透明袋リフィル

トレペ用紙は薄くて滑りやすく、用紙が扱いにくくてリフィル作成が大変でした。

なので、別の収納リフィルを作る方法はないかと考えてみました。

次に思いついたのが、ロルバーンのポケットの様なものを作りポケットにシートシールを入れてみたらどうだろうかということです。

お菓子を包む透明な袋を丁度良いサイズにカットし、穴を空けて作ってみました。

が・・・

私が使用しているKNOXのパンチだと穴が開けられず、失敗に終わりました。

このパンチは、リフィルに挟んで持ち運べる携帯性に優れたパンチですが、やはり簡易的なものなのでビニール素材やクリアファイルなどには不向きでした。

本格的なパンチなら穴が開いたと思います。

アシュフォード「アシスタントホール」が最強!

試作を2度作り、まだこれだ!という状態になっていない中で出会ったのが、アシュフォードのアシスタントホールというアイテムでした。

少々割高にはなりますが、穴をあけられないけど、システム手帳に挟みたい書類等に装着することで、リフィルにしてくれるアイテムです。

アシスタントホール自体が透明なので目立たないのも嬉しいポイント。

特にシートシールの台紙は透明なものが多いので、装着した時の馴染みが良かったです。

理科のプレパラートの上に乗せるフタの様なしっかり(伝わるかな?)としたものなので、ちょっとやそっと引っ張ったりしても破れない作りです。

今までの試作品とは比べ物にならないくらいの手軽さや強度でした。

これしか勝たん!

 

まとめ

アシュフォードのアシスタントホールの優秀さに驚きました。

もっと早く出会いたかった、使いたかったそんなアイテムです。

これはリピ買いしたいそんなアイテムです。


最新情報をチェックしよう!
広告