革の勉強①|皮と革の違い(様々な革)

みなさんこんにちは。

革が好きなのに、皮のことをよく知らない。これが私のリアルです。
革の知識が乏しくてもどかしさを感じることも多いので、少しずつ調べて革のことを勉強しています。

調べて得た知識等をまとめて少しずつシェアしていきたいと思います。

広告

本革

本革(Real  Leather)とは

本物の革のことを指します。

牛など動物の皮からできているものは、「本革」と呼びます。

英語表記の、real lather や genuine leather 、天然皮革も本革と同じものです。

値は少々張りますが、大切に扱えば、長く使えるというのが魅力です。

皮と革の違い

「皮」と「革」2つの漢字がありますが、この使い分けご存知でしょうか。

「皮」の字は、革となる原材料(原皮)のことを指す場合に用いる文字です。原皮である動物の皮を腐らないように鞣す(なめす)のですが、なめしの工程が終わったものには「革」の字を使います。

英語表記の場合、鞣しの終わっていない皮を「skin」、鞣しの終わった革を「leather」と区別している様です。

我々がお店で購入する革製品は、鞣しの終わったヌメ革等を使用しているので、名刺入れやお財布などの素材を確認したときは「牛革」など、こちらの革の字が使われているかと思います。

フェイクレザー

動物の皮を本革と呼ぶのに対し、樹脂などを混ぜて本物の革の様に作った素材をフェイクザーといいます。

混ぜる素材によっていくつかの種類がありますが、フェイクレザーは基本的に経年変化をしないアイテムです。

合成皮革

生地のベースにポリウレタンなどをコーティングし、見た目だけを革に模したものを合成皮革(合皮)と言います。

合皮にはポリウレタン(PU)と塩化ビニル(PVC)の2種類があります。

人工皮革

不織布にポリウレタン加工を施し、合成皮革より革に近く仕立てにしたものです。

触った感じも本革に近く、スエード加工を施したものもあります。

軽くて摩擦に強く、弾力性・通気性・柔軟性に優れています。

リサイクルレザー

リサイクレザーとは、皮革製品を製造する際に生じた革の余りや破片、くずなどを集めてからシート状に再加工した環境に優しいリサイクル製品です。

リサイクルレザーは環境に優しいだけではなく、天然皮革では出来なかったヴィヴィットカラーに染色することも出来る特徴があり、天然皮革に比べるとリーズナブルです。

ヴィーガンレザー

昨今、キノコ等の植物性素材を加工した革っぽい素材(ヴィーガンレザー)がサスティナビリティ(持続可能性)を実現するエコ素材として注目されています。

フェイクレザーの一種ですが、ヴィーガンレザーの魅力は“軽さ”と、本革と見分けがつかないほど質の高さです。

本革の天敵は水分ですが、ヴィーガンレザーは水に強いので、雨の日でも安心して使えます。

ヴィーガンレザーのお手入れ

ヴィーガンレザーは水に強いので、本革に使用するような防水スプレー等は不要です。

表面が汚れてしまった場合、温かい水を含ませた布で軽く拭き取り、柔らかいタオルで水気を取れば大丈夫です。

汚れや余分な水分を放置せず、その都度ふき取るようににすれば、長く使えるそうです。

ヴィーガンレザーの保管方法

保管するときは、日陰で風通しの良い場所に置くようにします。

長期間の保管による劣化を防ぐには、保管する前に表面の汚れをきちんと拭き取ってからしまうようにします。

直射日光や高温の場所での保管すると、ヴィーガンレザーの劣化が早まってしまうのでご注意ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

革は調べれば調べるほど奥が深く、面白くなってきました。

最新情報をチェックしよう!
広告