【youtube動画あり】ミドリの回転スタンプのイラストの変え方

イラストやデコが苦手だけど、手帳を少しでも可愛くしたいと思っています。

絵心なし人間が手帳をかわいくするのに便利なアイテムの1つがスタンプではないでしょうか。

広告

ミドリの回転スタンプ

YouTube動画でも紹介しているので、よければご視聴ください。

ミドリの回転スタンプを使ってみた感想

少し前になりりますが、ミドリの回転スタンプを購入しました。

これ1つで10個の絵柄を楽しむことが出来るというのに惹かれました。

スタンプは全部で14種類販売されており、曜日や天気、12カ月の文字タイプもあれば、ワンポイントの絵柄に吹き出しが付いたもの等多種多様です。

スタンプ1つで10種類の絵柄を使い分けられるという事で、お値段もちょっとお高めです。

とりあえず厳選した1つを購入して使ってみることにしました。

絵柄は文句なしにどれも可愛いのですが、この手の回転式スタンプをはじめて使う人は、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

私も自分の押したい絵柄に設定できず、まったく使わなくなってしまいました。

 

回転スタンプのイラストの変え方

せっかく購入したのに、使えないのはとても悲しい。

ということで、使い方を再度確認しました。

絵柄の変え方はざっくり4ステップです。

  1. スタンプを逆さまにする
  2. 透明な部分を下に押し込み、側面の赤いボタンを押してロックをかける
  3. ダイヤルを回して絵柄を変える
  4. 透明な部分を押し、ロックを解除

正しい絵柄の変え方を見直して気付いたのですが、実は私・・・すごい簡略化して絵柄を変えていました。

というのも、②の工程でロックを掛けずにダイヤルを回して絵柄を変える事ができるので、ロックをせずに絵柄を変えて戻していました。

透明なところを下までしっかりと下げずに変えてしまうと、自分の思った通りの絵柄が出ません。

あと、ロックを解除すると、絵柄のベルトがぐるんと周り、設定した絵柄ではないものが正面にきます。

普通のスタンプや印鑑では、押す前に押印面を覗き、向きや押すものが合っているのか確認するかと思います。

正面の絵柄を気にせず、そのままスタンプを押せば、設定した絵柄がちゃんと押せるのですが、このギャップに少々戸惑う方も多いと思います。

まとめ

ズボラな性格が故にちょっとした手順のサボり、勘違いなどで自分の押したい絵柄を押せなかったということが分かりました。

インクをつけて押すスタンプとは違ったクセがあり、そこに戸惑いもありますが、使っていくうちに慣れるでしょう。

絵柄の組み合わせを自分のオリジナルに出来たりしたら、もっと楽しそうだなぁなんて思ったりもしました。

最新情報をチェックしよう!
広告