【おしゃれな本屋さん】台湾で人気の「誠品書店」間もなく日本初上陸★

2019年9月27日(金)にグランドオープンする「COREDO室町テラス」

本好き・本屋好きは行きたくなる書店が日本初上陸することで話題となっています。

COREDO室町テラスのメインテナント「誠品生活日本橋」のスペース内にできる「誠品書店」について紹介したいと思います。

広告

誠品書店って?

台湾を中心に店舗のある本屋さん。

台湾には41店舗あり、その内一部の店舗では24時間営業もしている。座り込みがOKな本屋としても有名。

独自性が高く、アジア日本一という評判もあり、日本のオシャレな本屋「蔦屋書店」が参考にしたともいわれるほど美しい本屋。

私も今年のゴールデンウィークを利用して台湾の誠品書店を訪問してきました!

「誠品生活日本橋」

4つのゾーン

  • 誠品書店(書籍ゾーン
  • 文具ゾーン
  • セレクト物販・ワークショップゾーン
  • レストラン・食物販ゾーン

の4 ゾーンで構成される。

今回は、書籍ゾーンの誠品書店についてピックアップして紹介します。

誠品選書

台湾の誠品書店でも実施されている、選書専門チームによる企画展「誠品選書」が予定されている。

※「誠品選書」…時代を問わず、古典的な名作から、現在の隠れた名作まで、各ジャンルから毎月8~10 冊を選び、誠品書店ならではの推薦書籍を提案。

また、台湾茶が楽しめるティーサロンも併設される。

三井不動産より引用https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2019/0516/

イベントスペース

全店舗で毎年5,000回開催するほど「誠品生活」では、イベントに力を入れている。

誠品生活日本橋でも、誠品書店に併設されるイベントスペース「forum(フォーラム)」で、新刊発表会や講演会、映画鑑賞会など様々なイベントが実施される予定。

COREDO室町テラス

2019年9月27日 オープン
「日本橋室町三井タワー」の商業施設部分(地下1階~地上2階)のこと。

日本初出店・新業態など、31店舗が出店予定

■アクセス
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅 地下直結
JR横須賀線・総武快速線「新日本橋」駅 地下直結
JR中央線・山手線・京浜東北線「神田」駅 徒歩4分
JR各線「東京」駅 徒歩9分

おわりに

体験型のイベントに注力している「誠品生活」。どんなイベントが開催されるのかも楽しみで今年の秋が待ち遠しいです。

独自の選書も気になり、どんな本が店頭に並ぶのかも興味深いですよね。オシャレでアクセスもよく、日本でも人気となること間違いなしです。

オープン直後は混雑が予想されるので、少し落ち着いた頃合いを見計らって訪問してみようと思います。

最新情報をチェックしよう!
広告