【メルカリ断捨離】まだ間に合います!

今まで、読み終わった本をメルカリで売っていました。(今も続けています)

この間紹介しミニマリストしぶさんの動画を観てから、本以外の処分としてもメルカリを活用するようになりました。

買ってみたけど、イメージと違って結局使わなかった備品類とか、型番を間違って買ったプリンターのインクなんかも割とすんなり売れていて、だいぶ家が片付いてきました。

最近は、何かメルカリで売れるものないかな~?と考える日々です。

そこで、メルカリの活用についてまとめてみます。

広告

今からでも間に合う

メルカリのサービスって何年も前にできているので、その界隈で前から出品されている方の方が評価の実績もあり、購入されやすいと思います。

だから私も、今更メルカリをはじめても売れないんじゃないか?と思っていました。

ところが・・・

始めてみると、初めての出品でも意外と簡単に売れました。

文庫よりビジネス書がおすすめ

メルカリでの過去の取引を確認すると、圧倒的にビジネス書が売れます。

そして、メルカリで出品するとき、大抵は送料も込みの値段を設定します。

この送料ですが、私は「らくらくメルカリ便」のネコポスをよく利用します。

らくらくメルカリ便だと、匿名配送ができるので便利なのと、ネコポスは送料が全国一律195円と安いのが魅力です。

話が少し脱線してしまったので、戻します。

例えば、500円(送料込み)で文庫本1冊が売れ、ネコポスで発送した場合、販売価格の10%に当たる50円はメルカリに。

500円ー50円ー195円=255円が手元に入ります。

※この金額に、梱包の資材費は含まれません。

ビジネス書の場合、新刊の定価が高い分、最初の値段設定も1,000円オーバーにすることができる&送料は同じなので、自分の手元に入るお金もその分増えます。

なので、文庫本を売るよりもビジネス書の販売をオススメします。

※ネコポスを利用する場合、厚さ2.5cmまでの制限があります。

スピードが大事

メルカリで売れた商品を早く発送していると、メルカリから「スピード発送バッジ」を付与されます。

私もこの称号を持っているのですが、この称号を持ってからの売れ行きが少しよくなった気がします。

早く発送すると、取引後の評価も「早く届きました!」というコメントをいただけたり、高評価にもつながります。

売れた商品は、翌日には発送するくらいのスピード感覚で出品された方が良いと思います。

梱包は丁寧に

本を売ったとき、みなさんならどのように梱包して発送しますか?

いらないショッピングバッグ(綺麗なもの)などで包み、封筒に入れて発送するのがベストです。

私は、いらないディズニーのおみやげ袋が大量にあったので、ミニマリスト化も兼ねてそれを利用して梱包していました。

おみやげ袋がなくなったので、最近は封筒の中に本を入れ、それをさらに封筒に入れて発送しています。

こんな感じで梱包していると、発送スピードと同じで、丁寧な梱包でした!と高評価をいただけます。

ネコポスの発送注意点

厚さが2.5cmまでの本なら、らくらくメルカリ便のネコポスで発送するのをオススメします。

メルカリからコードを作成(簡単)し、ファミマやセブンに持ち込むと匿名で発送してくれます。

※セブンとファミマでの発送方法は若干異なります。

セブンの場合

作成されたバーコードをレジで読み取ってもらい、送りたいものを出すと、専用の伝票ケースをくれるので、自分で貼り付けます。

控えをもらったら終わり。

購入者に発送通知をしましょう。

ファミマの場合

作成されたQRコードをファミマの店舗にある、ファミポートで読み取って発券する。

発券された用紙をレジに持っていくと、発送用の伝票ケースをくれるので自分で貼り付けましょう。

貼り付けたら、セブンと同様控えをもらって終わり。

購入者に発送通知をしましょう。

注意点

※セブンとファミマの発送手順の流れも少し違うのですが、「伝票ケース」のサイズもちょっと違います。セブンの方が小さめです。

例えばファミマで文庫本を発送するとき、本のサイズピッタリに梱包してしまうと、伝票ケースの貼り付けがしずらいので、少し余裕をもった梱包にするか、小さめのものを発送するときはセブンを利用されると良いと思います。

終わりに

メルカリ、売れますよ~という記事ですが、もちろん売れないものもあります。

値付けの問題等もあると思いますが、メルカリで売れなかった商品は、ブックオフで売るようにしています。

※本当にニーズのないものは、その商品を何人が見たかの人数を確認すれば分かるので、判断してみてください。

 

 

最新情報をチェックしよう!
広告