元読書嫌いが選んだ!【2019年7月に読んだ本おすすめメベスト3★】

  • 2019年7月30日
  • 2021年3月9日
  • book, novel

今月もたくさんの本を読みました。

↓↓2019年7月に読了した作品はこちら

  • 小川糸『ツバキ文具店』
  • 伊坂幸太郎『グラスホッパー』
  • 五十嵐貴久『リハーサル』
  • 知念実希人『時限病棟』
  • 森絵都『DIVE!!』上・下
  • 近藤史恵『サクリファイス』
  • 青木祐子『これは経費で落ちません!6』

この中からベスト3を選出したいと思います!!

広告

第3位

近藤史恵『サクリファイス』

自転車のロードレースをテーマにしたミステリー小説です。

作品の前半では、主にロードレースに向けた練習や試合について選手目線から描かれています。

ロードレースを知らない人でも、作品を通してスーッとルールとかを知ることができる一面もありつつ、後半では選手生命を絶たれた選手をめぐる不可解な事故の真相が明らかに。。。

ロードレースってそもそもチーム戦だったという驚きの他に、試合で着用するユニフォームにも(チャンピオンが着るやつとか)色々と決まりがあるそうです。

第2位

五十嵐貴久『リハーサル』

シリーズ中に何度か登場していた「花山病院」勤務時代のリカです。

月に1冊ずつ読んで楽しんでいた『リカ』シリーズも最新作まで追いついてしまいました。(次回は2020年12月発売予定らしい)

あんなに怖くて恐ろしいのに、なぜかリカを欲している自分がいます。
次回作の発売が待ち遠しいです。

 

第1位

森絵都『DIVE!!』上・下

水泳の「飛込み」に青春を捧げる中高生を描いた物語です。

森絵都さんの作品を以前に読んだことがあって、その作品はあまり面白くなかったので正直言うと、期待せずに読んだ作品でした。

ところが、飛込みの面白さや試合展開(特に下のラスト)が気になり、夢中で読み進めてしまいました。

夏に読むと涼しげで良い作品ということもあり、今回1位に選ばさせていただきました☆

おわりに

しかし読書って楽しいですね!

最近は、数年前に比べて1ヶ月で読む量も倍以上に増えているのに、読みたい本が増えてしまって困るくらいです。

来月も目標図書として、読みたい本はいくつかリストアップしているのでそれをメインに楽しい読書時間を過ごしたいと思います。

最新情報をチェックしよう!
広告